EDを克服・改善する方法(食事や運動)

EDとは「勃起不全」を意味する英語の頭文字を取った言葉です。
たとえ性的刺激を受けても勃起できない方だけでなく、勃起はできるけれども挿入に耐えうる硬さではない方・挿入途中のまだ満足していない状態で萎えてしまう方も指すため、自分は違うと思っている予備軍も含めて、かなりの数のED患者がいるはずです。

ED治療薬で勃起を邪魔する酵素・PDE5の働きを阻害する方法もあります。
日本では3つの薬が認可されており、病院で処方されることもあるでしょう。
PDE5阻害薬が合わない・禁止されているという患者の場合はICI治療が用いられることもあります。
ICI治療とは陰茎海綿体注射のことで、血管作動薬を陰茎海綿体に直接刺すのです。
それにより血行が改善され、勃起が誘発されるという治療法です。
ED治療薬の方にも血管を拡張して血行促進させる効果があるので、同じように作用します。

効果は高いのですが注射を打つことで局所の疼痛や皮下出血・海綿体繊維化・浮腫といった副作用が起こることもあります。
一方のED治療薬の方も第1・第2の薬は90パーセント以上もの副作用の出現率があります。
それに自由診療の為、お値段も高いです。
ED治療薬1錠が1500円から2000円もしますし、ICI治療ともなると4000円から10000円もかかります。
何より、EDの悩みで泌尿器科に通院するのは恥ずかしいことです。

だからといってあきらめる必要はありません。自力で克服することは可能です。
近年になってED患者が急増しているのは、乱れた食事や運動不足といった生活習慣が理由です。
生活習慣病患者の多くがEDも発症しています。
生活習慣病が重くなると、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる大きな病気を起こす危険性も高まります。
EDになった時点で食事や運動を見直し、EDを克服すると共に元気に長生きできるようにしましょう。
我々の体は、日々の食事と生活からできているのです。

EDの男性は生活習慣を見直すこと

薬や注射を用いるのは血行改善のためですが、運動することで血液の流れを良くするのにとても効果があります。
筋トレして得られるのは血流改善効果だけではありません。
筋トレすると筋肉が刺激されることから男性ホルモンの分泌量が増えるのです。
血管機能の低下や性欲の減少から40代くらいをすぎるとED患者が急増するものです。
身体を動かしていつまでも男らしくいられるように頑張りましょう。

食生活の改善でも血流改善効果は得られます。
忙しいからとコンビニ弁当や外食で済ませる方・お付き合いで飲み会続きという方はどうしても脂肪の取りすぎで血液がドロドロです。
このままではいつか心臓や脳といった重要な部分の血管が詰まってしまいます。自身のためにも見直してみてください。
牡蠣やしじみなど貝類に含まれる亜鉛もおすすめです。
亜鉛には血液をサラサラにする効果がありますし、何より、男性ホルモンの生成を促して精子を作る働きも持っているのです。

手軽で安いからとファストフードやインスタント食品を多く食べていることから、最近では20代・30代でもED患者は増えています。
少しでも食事のメニューを見直すと共に、足りない栄養素はサプリメントなども活用しながら、必要な栄養を体に入れてください。
しじみのお味噌汁を自分で作るのは難しいでしょうが、最近では亜鉛サプリなども売られています。

ED治療薬と違い、食事や運動を見直してもすぐに効果は出てきません。数ヶ月は続けなければならないのです。
とはいえ、これにより改善されることは自身の健康を守るためにも良い結果となるでしょう。
ただし、無理のない範囲で行いましょう。ストレスもまた、EDの元となってしまいます。