レビトラの効果・飲み方・入手法について

レビトラを入手するにはクリニックで処方を受ける他に、個人輸入する方法があります。
正規品のレビトラには5mgと10mg、20mgが錠剤が存在します。
クリニックでED治療を行なう場合には、10mgか20mgの錠剤を使用するのが一般的です。
5mgは効果が弱くあまり使用されていません。10mgや20mgでは用量が多い場合は、ピルカッターで小さくして服用することも可能です。
レビトラは即効性があるため短時間で強力にペニスが勃起します。自分の体質に合った用量を服用する必要があります。

レビトラは空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。
服用後約45分で血中濃度が最高になるので、性行為の1時間前に服用するのが一般的な飲み方です。
水かぬるま湯で服用するのが通常ですが、アルコールで服用することもできます。
EDはストレスなどと深い関係があるので、改善するには気分をリラックスさせることが重要です。
適量のアルコールにはリラックス効果があるため、レビトラの働きを助けます。

レビトラを服用すると血管が開いて血流が促進されます。海綿体への血流が増えることでペニスが勃起します。
服用後は酔いやすくなっているため、飲酒を控える必要があります。
レビトラはアルコールで服用することができますが、過度にアルコールを摂取すると酩酊状態を招きます。
酩酊状態になると性行為が困難となります。
アルコールでレビトラを服用する場合には、適量に抑えることが重要です。

レビトラは食事の影響を受けにくいため、服用前に食事を摂ることができます。
エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば、服用前に摂取しても問題はありません。
空腹時に服用するとより効果が高まります。空腹時に水かぬるま湯で服用するのが基本的な飲み方です。
持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間とされます。
クリニックで処方を受けることもできますが、個人輸入をするとED治療のコストを抑えることができます。

レビトラの入手方法(処方・個人輸入)

レビトラは即効性のあるED治療薬なので、空腹時に服用すれば約20分で効果が現れます。
日本国内で承認されている正規品には5mgと10mg、20mgの錠剤があります。クリニックでは主に10mgと20mgが使用されています。
持続時間は10mgが約5時間で20mgは約10時間です。血中濃度は服用から約45分後に最大となります。
性行為の1時間前に服用するのが効果的な飲み方とされます。
クリニックで処方を受ける場合の価格は、10mgが1錠あたり約1500円で20mgは約1800円です。

ED治療は自由診療とされているため、薬代にはクリニックによって違いがあります。
薬代の他にも診察料や処方せん料などが必要なので、総合すると1錠あたりの価格は約3000円です。
レビトラは海外から個人輸入することもできます。個人輸入の手続は複雑ですが、通販サイトを利用すれば簡単です。
インターネット上には、医薬品の個人輸入の手続を請け負う通販サイトが多数存在します。
ただしレビトラなど世界的に人気のある医薬品は偽造品も流通しているので注意が必要となります。

通販サイトでレビトラを個人輸入する場合の1錠あたりの価格は、10mgも20mgも約1400円です。
20mgはまとめ買いをすると安くなる場合もあり、1錠あたり約1300円で購入できます。
レビトラには安価なジェネリック医薬品も存在します。
ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しており、20mgの錠剤が1錠あたり約200円で販売されています。
海外から個人輸入を行えば、ED治療のコストを大幅に削減できます。

レビトラやジェネリック医薬品は世界的に人気があるため、中国などで偽造品が製造されています。
ジェネリック医薬品は日本国内で未承認なため、利用するには個人輸入が必要です。
クリニックで正規品のレビトラを処方してもらえば安全にED治療ができます。
レビトラやジェネリック医薬品の個人輸入を行なう場合には、信頼できる通販サイトを選択する必要があります。